看護学専攻 臨床看護学講座TOPへ

鹿児島大学医学部保健学科 教育理念

【 学部の精神看護学関連の開講科目 】

 本専攻における精神看護学では、心が健康であるとはどのような状態であるのか、またどのような出来事によって心が脅かされどのような反応の仕方をするのか、さらに心の脅かしによって病いを発症するという体験とはどのようなものであるか等について、学生自らの心を探求の窓口にしながら学べるようにしています。そして、学生が看護の対象との関わりを通してお互いに自己成長が図れるような援助関係を構築し、対象の心の健康の保持・増進・回復・再発予防に向けた援助が行えるようになることを目指して、それらに必要な精神看護の基本的知識・技術・態度、さらに対象の独自性を踏まえた創造的な精神看護を開発・実践できるようになるための素養を、講義・演習、実習を通して学習し、修得できるようにしています。
 本専攻の精神看護学に関する学部の開講科目は、以下の4つの講義・演習科目と、1つの臨地実習科目によって構成されます。
1. 精神健康論(2期:1年次後期)

 この科目では、「心が健康であるというのはどのような状態なのか、また心の健康を維持・増進・回復するにはどのようにすればよいか」を中心テーマとしながら、精神看護の対象となる人々の心を専門的に了解・援助できるようになるための基礎的理論を学習します。
精神看護の質は、援助しようとする対象の心をどれだけ深く了解できるかに依存しており、このような了解は看護者自身の心を窓口として行われます。したがって、看護者が自分自身をどれだけ深く了解できているかによって、対象の了解の深さと質も決定されます。そこで、上記の基礎的理論を、まずは自己洞察・自己理解のための知識として実際に活用できるようにします。また併せて事例を通して対象の心の了解や援助の仕方について具体的に学習します。

2. 援助関係論(3期:2年次前期)

 心の健康が脅かされている人や心の病いを有する人に対する看護は、対象が現実に直面することを支え、自分にとっての課題に取り組めるようになること、また自分の体験したことを表現し、他の人と確かめ合っていくことを支え、自分の大事にしていることを守ったり、折り合いをつけたりしながら、自分らしさを発揮して暮らすことができるようになるための支援を行う活動であると言われています。この科目では、そのような対象の自己成長を目指した援助関係を提供できるようになるための看護の援助関係理論と技術、態度について、講義や演習を通して学習します。

3. 精神看護学概論(4期:2年次後期)

 この科目では、まず心の病いが歴史的にどのように捉えられてきたかを概観し、これらの歴史の上に成り立つ現在の精神保健医療の動向と精神保健福祉に関する法制度等について学び、精神的諸問題を多角的に捉え検討できるようになるための知識を修得します。そして、精神保健医療福祉という領域における看護者の果たすべき役割、倫理的姿勢、また看護活動の場(精神科病院、家庭、地域、学校、職場、精神科以外の病院等)に応じた精神看護のあり方などについて探求的に学びます。

4. 精神ケア論(5期:3年次前期)

 この科目では、心の病いを有する人々へ看護を行う際の基本原則と具体的な援助方法について講義と演習を通して学習します。内容的には、援助関係技術、対象の状態をアセスメントするために必要な知識と技術、生活援助の方法、精神医療の各種治療が実施されている際の援助の仕方などです。

5. 精神看護学実習(6期:3年次後期)

 精神看護学実習では、心の病いを有する人の心理・社会・身体的な特性を踏まえて、対象と人対人として交流することを通して援助関係を構築し、健康障害の種類と回復過程に応じた看護過程の展開の仕方について、実際に体験しながら学習します。また、あわせて精神保健医療福祉に関わる施設とその看護の現状を理解し、これからの精神科看護のあり方を展望できるようにします。
 実習施設は、鹿児島大学医学部・歯学部附属病院の精神・神経科病棟、医療法人蒼風会児玉病院の2施設で実施しています。


【大学院の精神看護学関連の開講科目】

博士前期課程

1. 精神看護学特論

 心身の病いに罹患することによってストレスフルな状態にある人々の示す心理的反応を理解するための諸理論を講義し、そのような人々を援助する時に求められる援助関係の構築の仕方、対象の状態のアセスメントの仕方、具体的援助方法や技術について学びます。

2. 精神看護学演習

 心の健康と看護、患者—看護師関係の在り方、心の病いを有する人々への看護などをテーマとする国内外の文献を講読し、精神看護の対象や看護の特性、看護実践法などを明確化し、心の健康問題の予防や回復のための看護をどのように行う必要があるかについて討論し、探求します。

3. 臨床看護学特別研究

 心の健康に関連する課題を有する人々を対象とする看護アセスメントや援助・支援の仕方などに関する研究テーマを、科学的に探求し、報告するまでの過程全般について学びます。具体的には、文献検索法、文献講読法、研究課題の明確化の仕方、研究方法、倫理的配慮の仕方、研究計画書作成法、データ収集法、データ分析法、論文作成法、プレゼンテーション法などを、演習、実習、個別指導を通して学修します。


博士後期課程

1. 精神保健看護学特論

医療施設や社会復帰施設、地域で生活している精神保健看護の対象の健康的な生活の回復・維持・増進を図るための看護の展開技法・技術の開発などにつながる理論について学修します。

2. 精神保健看護学特別演習

精神保健看護に関する課題とその動向を把握し、自身の研究テーマとその関連領域に関する国内外の文献を熟読し、研究テーマとする現象を多角的に検討するとともに深慮し、その看護的意義と研究への適応について討論し、探求します。

3. 保健看護学特別研究

精神看護の対象となる人々の心の健康状態とストレスとの関連の解明、様々なストレス状況下の対象の理解と援助関係の構築の仕方、ストレスへの適応を促進するための看護方法の開発に関する研究課題を取り上げ、主体的な研究活動を展開できるように学修します。