看護学専攻 臨床看護学講座TOPへ

鹿児島大学医学部保健学科 教育理念

【 鹿児島大学医学部保健学科看護学専攻精神看護学における教育理念 】

本学の精神看護学は、人々の心の健康の保持・増進、また心の健康が脅かされている人や心の病いを有する人の健康回復の手助けをしたり、その人らしさを発揮した生活が送れるようになるための支援、心の病いの再発予防などに関する看護実践が、より質の高いものになることを目指しています。
 私たちが生きているということは、精神や心の主体であるこの私が自分の内外の環境と相互交流しつつ日々の生活を営むことで成り立っています。これらの人間の心は脳の活動を基盤としていますが、そのことによって生じる心理現象そのものは実体としては存在せず、客観的データとして得られるものは非常に限られています。また現象の現れ方も個別性を反映した独自なものです。精神看護学では、このような多様な人間理解を根本に据えながら、対象となる人々の人権を尊重し、その人の置かれた状況と健康状態に応じた精神的手助け(help)や支援(support)を行えるようになるための看護の教育と研究に取り組んでいます。